アラフォー埼玉民のノート

ブログスタート時36歳の埼玉民(おじさん)の日々のノート

読書:冷血(高村薫)

高村薫の「冷血」を読みました。

父親の本棚から借りてきました。

全2巻の大著ですが、次へ次へとページが進みました。

レディ・ジョーカー〈上〉などでおなじみの合田警部シリーズです。

主な登場人物は、若干の双極性障害があるものの一応一般社会で生きているパチンコ店員、親に捨てられたも同然で鬱屈し刑務所と娑婆を何度か往復しているような生活を送る新聞配達員、そして、彼らが起こした強盗殺人事件の捜査に当たる合田警部。

社会生活が全くできないわけではないけど、ちょっとした踏み外しから重大犯罪に至る過程がつぶさに描写されていて、物事ってこんな感じで簡単に転がっていくものなのかなぁ、って違和感というか驚きというかちょっとよく分からない感情をいだきました。

合田警部は、警察にいればこんな感じで重大犯罪が起こることを理解していながらも、警察・検察が事件をキレイに物語化するために「動機」を欲することに違和感を覚えて逡巡する。

結局のところ、僕には、この本は難しくてよく分からないのですが、世の不条理がテーマといったところなのでしょうか。

加害者の2人にもその生い立ちには不条理があり、被害者一家は何の関係もない輩に幸せな生活を破壊されるという不条理。

 

冷血(上)

冷血(上)

 
冷血(下)

冷血(下)

 

 

落書きされたお札を受け取ってしまった時の対処法

Japanese Yen bills

買い物をしていて、お釣りを渡された時に、落書きされたお札に出会ったことはありませんか。

さすがに店員さんから受け取る時には、お店の方も気を使っているので気になるような落書きがある場合はそんなにないと思いますが、自動販売機や駅の自動券売機のように、お釣りのお札が自動的に出てくる場合には、結構、落書きされたお札が出てくることがあります。

先日、僕は新幹線に乗ったのですが、その時にお釣りとして自動券売機から出てきた千円札には、野口英世に矢印が伸びていて「最強の知事候補→」と鉛筆で書かれていました。

手にした瞬間に、何だか嫌な気持ちになりました。

この「最強の知事候補」と書かれた千円札をどうしようかと思った時、いろいろなことを思い描きました。

お店で何か買ってに使ってしまってはどうか。

これは、お店の人に見られて変な目で見られますよね、きっと。

ほかのお札に紛れ込ましたり、裏返しにするということもできるけど、ちょっと後ろめたい気がします。

しかも、その時には買いたい物もなかったので、無駄使いしたくないという思いもありました。

自動販売機で使ったらどうか。

店員さんに渡すよりは後ろめたさはないですね。

でも、その時買いたい物なかったんですよね。ジュースはもう買った後だったし。

そこで、妙案がひらめく!

その時、妙案がひらめきました。

店員さんに渡すでもなく、無駄使いするでもない対処法。

Suicaにチャージ

です。

これなら店員さんに変な目で見られることもなく、無駄使いすることもなく、落書きされたお札を有効に活用することができます。

我ながらスマートな対処法が思い浮かんだので、ブログに書いてみました。

記事紹介:年賀状の1月2日配達中止へ


年賀状の1月2日配達中止へ…人件費負担大きく : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

別に元旦とかも無理して配る必要ないと思うけど。

断続的に来ると確認するのが面倒なので、いっそ、4日くらいにまとめて配達してほしいとも思う。

ローソンは埼玉県民を蔑ろにしているのではないか

f:id:higeox:20160906143515j:plain

http://www.lawson.co.jp/lab/karaagekun/art/1276882_5304.html

ローソンで今日から「ご当地からあげクングランプリ」というキャンペーンがスタートしています。

全国を12ブロックに区切って、それぞれのブロックの名産などを使った12種類のからあげクンを発売。一番売れ行きの良いものを決めようというものです。

このキャンペーン、「ふ~ん」という感じで眺めていたのですが、何とも埼玉県民を侮蔑していることが分かりました。

12のブロック分けなんですが、北から

北海道エリア

東北エリア

北関東・甲信越エリア

と続いてきて、「次は東京かな?」と思った矢先、驚愕の文字が!なんと!

埼玉・千葉エリア 

だと!

埼玉と千葉を一緒にするというあり得ないブロック割り!

さらにさらに、このエリアのからあげクンの商品名は、「銚子本醤油味」。商品説明は、

千葉県銚子は夏涼しく、冬暖かいおだやかな気候と高い湿度で、しょうゆづくりに重要なこうじ菌が働くのに最適な環境です。

その環境のもと、江戸時代からしょうゆづくりが盛んに行われてきました。

 などと記載されていて、埼玉に関することに一切触れられていないという、全く埼玉を軽んじたものとなっています。

これには、埼玉県民をあげて、ローソンに断固として抗議したいところです。

ローソンは、埼玉県民が千葉と一緒にされるのを最も嫌うという県民感情を理解していないようです。

しかも、商品にも1ミリも埼玉の要素が無いというバカにされようです。

convini.xyz

秋が待ち遠しい人たちで盛り上がりませんか。

momijiどうも、higeoxです。こんにちは。

9月になりました。夏休みも終わり、秋が待ち遠しい感じになってきました。まだ結構暑いですけど。

日本には素晴らしい四季があって、どの季節も良いところ楽しいところがありますが、僕はなんといっても秋が好きです。

今回は、少しだけ季節を先取りして、僕が秋に楽しみたいことをご紹介します。

具体的には、温泉、ランニング、飲み会です。

秋に楽しみたいこと No.1 温泉

僕は温泉が好きで、旅行と言えば季節を問わず温泉に行きたいのですが、特に、秋には温泉に浸かりたくなります。

秋は最も温泉に向いています。

夏休みの旅行でも温泉に行くことが多いのですが、お風呂から上がっても気温が高いとまた汗をかいてしまうとか、露天風呂でも暑いというのがなんだか気持ちが悪く、あまり満喫できません。

冬は冬で、逆のつらさがあり、やっぱり温泉は秋!ということになります。

ちなみに、我が埼玉県からは北関東の温泉地へのアクセスが良いので、うれしい限りです。

東北道方面だと、那須、鬼怒川。

関越道方面だと、草津、水上、伊香保などなど。

秋に楽しみたいこと No.2 ランニング

ランニングも秋に楽しみたいことです。

やっぱり気温が最適です。

紅葉を見ながら走るという楽しみもあります。

マラソンシーズンとなる冬にに向けて、走れる体を作っていく時期でもあるので、積極的に走りたいです。

秋に楽しみたいこと No.3 飲み会

飲み会というか、少しのお酒を飲みながら、おいしい食べ物を楽しみたいのが秋です。

秋の味覚と言えば何を思い浮かべますか?

僕は、イモ類とナスです。

どちらもシンプルに調理してとてもおいしく食べられます。

イモ類だと、ジャガイモをバターまたは塩で、サツマイモを天ぷらで、など。

ナスは、煮びたしか素揚げですね、これは最高。

あと、お酒と一緒ではないですが、秋は果物も素晴らしいです。

梨と柿。

100_6235

朔日参り(ついたちまいり)してます

shrine

どうも、higeoxです。

今日は9月1日です。夏休み終わりとか防災の日とかが思い浮かぶでしょうか。

実は僕は、朔日参りというのを1年ほど前からしています。

朔日参りは「ついたちまいり」と読みます。

何をしているかというと、毎月1日に、神社にお参りをしています。

僕はが1年ほど前から1日に神社にお参りするするようになったのは、当時の僕の環境が理由です。

もともと神社が好きで、会社の近くに結構大きくて由緒のある神社があるので、天気がいい時や気分転換をしたい時などにときどき立ち寄ってお参りしていました。

それを1日にお参りするようになったのは、その頃、自宅の購入を進めていたからです。

新築の一戸建てを購入したのですが、まだ建物は完成していなくて工事中でしたので、無事に出来てほしいという思いがありました。当時住んでいたマンションの売却、資金繰り、各種の手続きの手配など、頭を悩ませることが盛りだくさんで、不安にさいなまれていました。

そこで、「神頼み!」ではないのですが、毎月1日に前月までの各種の進行状況を神様に報告してうまくいっているお礼をし、また、これから1ヶ月無事に進むように見守っていただけるようにお願いすることにしたのです。

自宅の完成・引っ越しは今年の4月で、それまで毎月続け、無事に全部が終わりました。

朔日参りを続けることで、不安が多少緩和したのはありますが、それ以上に、1ヶ月の振り返りと無事の感謝、新たなスタートの自覚をすることができるようになりました。

そのため、当初の目的だった引っ越しが終わった今でも、毎月続けています。

いまは、家族の健康を見守っていただけるようにお願いをしています。

僕の場合、自分で考えて始めた朔日参りなのですが、神社についてフラフラとネットを見ていたら、実は、昔からの慣習として、行われているということを知りました。

伊勢神宮でもお朔日参りとして、受け継がれているそうです。

昔からみんな考えることは同じなんですね。

年が明けた元旦に初詣に行くように、毎月1日に行く朔日参り。これからも続けていきたいと思います。

今日もこれから出勤前に行ってきます。

東京都北区赤羽

今日(2016年8月27日)のアド街は、赤羽特集ということです。

僕ら埼玉県民にとっては、赤羽は東京の玄関口で、とても馴染み深く親近感のある街です。

赤羽駅は、宇都宮線高崎線京浜東北線埼京線が通っています。また、赤羽岩淵駅には東京メトロ南北線が通っています。

ということで、東部地域の東武伊勢崎線利用者、西部地域の東武東上線利用者を除くと、ほとんどの埼玉県民が東京に行く場合に、赤羽を通ることになります。

漫画「東京都北区赤羽

この赤羽を舞台にした「東京都北区赤羽」という漫画があります。

僕は、会社に赤羽在住の人がいて、その人が貸してくれるのですが、メチャクチャ面白い漫画で、赤羽在住の人だけでなく、埼玉県民にとってもオススメの漫画です。

実際に赤羽に住んでいる清野とおるという方が作者で、主に、赤羽のヤバい人達に絡んで紹介しています。

また、この漫画は実写でドラマ化されました。

山田孝之さんが主演したのですが、ストーリーを演じるのではなく、山田孝之さんが実際に赤羽で過ごす様子を撮るという、面白い方式でした。