アラフォー埼玉民のノート

ブログスタート時36歳の埼玉民(おじさん)の日々のノート

読書

読書:鉄道と国家

娘の本を借りに図書館へ行ったときに、たまたま目について借りて読んでみました。 有名な大船渡線のほかにも、深谷駅の急行停車、岐阜羽島駅など、いわゆる「我田引鉄」とも称される、政治の関与が色濃い鉄道施設の解説がされていて、それだけでも面白いです…

読書:封印作品の闇 (安藤健二)

なかなか興味深い本を読みました。 キャンディ・キャンディ、おばけのQ太郎など、以前は人気を博していたのに、「封印」されてしまった作品たち。その封印の背景を取材によって解き明かしています。 本書を読む前には、だいたいが、差別表現をめぐるものだと…

読書:女性外交官・ロシア特命担当 SARA (麻生幾)

麻生幾さんのインテリジェンス小説です。 麻生幾さんは、これまでにも、エスピオナージ、外事警察 CODE:ジャスミン (幻冬舎文庫)など、インテリジェンス関連の素晴らしい小説を上梓しています。 今回読んだ女性外交官・ロシア特命担当 SARAは、外交官を夫に…

読書:冷血(高村薫)

高村薫の「冷血」を読みました。 父親の本棚から借りてきました。 全2巻の大著ですが、次へ次へとページが進みました。 レディ・ジョーカー〈上〉などでおなじみの合田警部シリーズです。 主な登場人物は、若干の双極性障害があるものの一応一般社会で生きて…