アラフォー埼玉民のノート

ブログスタート時36歳の埼玉民(おじさん)の日々のノート

全く同じ問題はマズイでしょうよ、沖縄県教育委員会

スポンサーリンク

Light Reading

沖縄県教育委員会が実施した公立学校の教員試験で、中学校と高校の英語教員向けの問題が旺文社の問題集やTOEFLの過去問からそのまま出題されていたことが判明したそうです。

旺文社のリスニング問題集からの出題は、昨年の試験で18問中13問、今年の試験で18問中8問が該当するとのこと。

英語の問題の作問は面倒そうだなあというのは直感的に分かる気もするんですが、そのまま使っちゃまずいですよ。普通は少し改変するもんだと思うんですけどね。

これから、暇なネット民たちが、「~~の問題集と△△の試験問題が同じだ!」なんてやり始めるのではないかな。それはそれで役に立つし面白いけど。

僕自身はそういう意識はないけれど、学校の先生は普通の職業よりも厳しい目で見られがちなので、気を付けないと。

ちなみに、学校の教材やテストに使う場合、市販の問題集などの抜粋をしても著作権法上は違法になりません。