アラフォー埼玉民のノート

ブログスタート時36歳の埼玉民(おじさん)の日々のノート

朔日参り(ついたちまいり)してます

スポンサーリンク

shrine

どうも、higeoxです。

今日は9月1日です。夏休み終わりとか防災の日とかが思い浮かぶでしょうか。

実は僕は、朔日参りというのを1年ほど前からしています。

朔日参りは「ついたちまいり」と読みます。

何をしているかというと、毎月1日に、神社にお参りをしています。

僕はが1年ほど前から1日に神社にお参りするするようになったのは、当時の僕の環境が理由です。

もともと神社が好きで、会社の近くに結構大きくて由緒のある神社があるので、天気がいい時や気分転換をしたい時などにときどき立ち寄ってお参りしていました。

それを1日にお参りするようになったのは、その頃、自宅の購入を進めていたからです。

新築の一戸建てを購入したのですが、まだ建物は完成していなくて工事中でしたので、無事に出来てほしいという思いがありました。当時住んでいたマンションの売却、資金繰り、各種の手続きの手配など、頭を悩ませることが盛りだくさんで、不安にさいなまれていました。

そこで、「神頼み!」ではないのですが、毎月1日に前月までの各種の進行状況を神様に報告してうまくいっているお礼をし、また、これから1ヶ月無事に進むように見守っていただけるようにお願いすることにしたのです。

自宅の完成・引っ越しは今年の4月で、それまで毎月続け、無事に全部が終わりました。

朔日参りを続けることで、不安が多少緩和したのはありますが、それ以上に、1ヶ月の振り返りと無事の感謝、新たなスタートの自覚をすることができるようになりました。

そのため、当初の目的だった引っ越しが終わった今でも、毎月続けています。

いまは、家族の健康を見守っていただけるようにお願いをしています。

僕の場合、自分で考えて始めた朔日参りなのですが、神社についてフラフラとネットを見ていたら、実は、昔からの慣習として、行われているということを知りました。

伊勢神宮でもお朔日参りとして、受け継がれているそうです。

昔からみんな考えることは同じなんですね。

年が明けた元旦に初詣に行くように、毎月1日に行く朔日参り。これからも続けていきたいと思います。

今日もこれから出勤前に行ってきます。